【オーダー加工後 前身】
M様よりメーカーのヴィンテージパンツをオーダー加工のご依頼でした。

◆前の穿きシワは、ほとんどない状態でしたので、
 シワがわかるように加工して、縫い目などのアタリ感も強調して
 メリハリを出しました。
◆裾上げもご希望でしたので、裾上げ後に裾アタリ加工を追加しました。



【オーダー加工後 後ろ身】
ひざ裏のシワがわかるように加工しました。



【オーダー加工前 前身】
M様よりメーカーのヴィンテージパンツをオーダー加工のご依頼でした。

前の穿きシワは、ほとんどない状態です。



【オーダー加工前 後ろ身】
メーカーのヴィンテージパンツをオーダー加工のご依頼でした。



オーダー加工ジーンズご紹介します【オーダー加工後 パンツ前身2本目】
N様よりウエアハウスジーンズ2本の加工ご依頼がありました。

水洗いのパンツを「ベースの濃いめの色を残して、ヒゲは強め」ご希望でした。

◇N様は、水洗いのパンツをお客様ご自身で穿かれ、
 ご自身の穿きシワ・膝の皿をチョークで画いて送って頂きました。
 このチョークで画いて頂いたシワを元に、加工作業でパンツに穿かせる人体を選び、 実際に人が穿いて起こるシワを起こしました。
 起こしたシワを手作業でコスリ、漂白剤で白くしました。

◇縫い目のアタリ感は、ストーンウオッシュなどの洗い加工は無しで、
 ベースの色を残して手作業でアタリ感を出しています。




オーダー加工ジーンズご紹介します【オーダー加工後 パンツ後ろ身2本目】
N様よりウエアハウスジーンズ2本の加工ご依頼がありました。

水洗いのパンツを「ベースの濃いめの色を残して、ヒゲは強め」ご希望でした。

◇N様は、水洗いのパンツをお客様ご自身で穿かれ、
 ご自身の穿きシワ・膝の皿をチョークで画いて送って頂きました。
 このチョークで画いて頂いたシワを元に、加工作業でパンツに穿かせる人体を選び、 実際に人が穿いて起こるシワを起こしました。
 起こしたシワを手作業でコスリ、漂白剤で白くしました。

◇縫い目のアタリ感は、ストーンウオッシュなどの洗い加工は無しで、
 ベースの色を残して手作業でアタリ感を出しています。



オーダー加工ジーンズご紹介します【オーダー加工後 パンツ1本目前身】
N様よりウエアハウスジーンズ2本の加工ご依頼がありました。

水洗いのパンツを「ベースの濃いめの色を残して、ヒゲは強め」ご希望でした。

◇N様は、水洗いのパンツをお客様ご自身で穿かれ、
 ご自身の穿きシワ・膝の皿をチョークで画いて送って頂きました。
 このチョークで画いて頂いたシワを元に、加工作業でパンツに穿かせる人体を選び、実際に人が穿いて起こるシワを起こしました。
 起こしたシワを手作業でコスリ、漂白剤で白くしました。

◇縫い目のアタリ感は、ストーンウオッシュなどの洗い加工は無しで、
 ベースの色を残して手作業でアタリ感を出しています。



オーダー加工ジーンズご紹介します【オーダー加工後 パンツ1本目後ろ身】
N様よりウエアハウスジーンズ2本の加工ご依頼がありました。

水洗いのパンツを「ベースの濃いめの色を残して、ヒゲは強め」ご希望でした。

◇N様は、水洗いのパンツをお客様ご自身で穿かれ、
 ご自身の穿きシワ・膝の皿をチョークで画いて送って頂きました。
 このチョークで画いて頂いたシワを元に、加工作業でパンツに穿かせる人体を選び、実際に人が穿いて起こるシワを起こしました。
 起こしたシワを手作業でコスリ、漂白剤で白くしました。

◇縫い目のアタリ感は、ストーンウオッシュなどの洗い加工は無しで、
 ベースの色を残して手作業でアタリ感を出しています。



ジーンズ【裾ダメージ(ヤブリ)加工】の加工作業の説明。
1.ユニオンスペシャルでチェーンステッチ裾上げ後、
  一本一本丁寧に手作業で凹凸を起こし、
『裾アタリ(ユーズド)加工』の表情を出します。

2.裾あたり加工後のパンツに、グラインダーでダメージ加工を施します。
  ダメージ加工を施した部分に「青い染料」が出てきて白場が出ません。(画像参照)
3.ダメージ加工を施した部分に白場が出ていないので、漂白剤で白くした後、洗って乾かし完成です。(ギァラリー次ページ画像参照)

《注意事項》
裾にダメージ(ヤブリ)加工が施してあるジーンズは、
水洗い後ダメージを入れ、ストーンウオッシュで縦糸がだんだん切れてダメージが出ています。
加工後のジーンズの裾の縦糸のみを、手作業で切るのは難しく、
横糸が切れたようになり易いです。
裾ダメージ加工については、弊社の感覚で施すようになり、
元とまったく同じように再現出来ません。
ハードなダメージ(ヤブリ)加工は承れません。
上記をご了承頂いた方のみダメージ(ヤブリ)加工を承っております。

◆裾ダメージ(ヤブリ)加工追加料金は、1,000円です。

【裾あたり加工】とは、ユニオンスペシャルでチェーンステッチ裾上げ後、
一本一本丁寧に手作業で凹凸を起こし、
長年培った技術でジーンズ『裾アタリ(ユーズド)加工』の表情を出します。
【裾あたり加工】の料金は、3,300円(税込み)です。
ストレッチパンツは、追加料金300円が掛かります。



ジーンズ【裾ダメージ(ヤブリ)加工】の加工作業の説明。
1.裾あたり加工後のパンツに、グラインダーでダメージ加工を施します。
ダメージ加工を施した部分に「青い染料」が出てきて白場が出ません。
2.ダメージ加工を施した部分に白場が出ていないので、漂白剤で白くした後、洗って乾かし完成です。(画像参照)

《注意事項》
裾にダメージ(ヤブリ)加工が施してあるジーンズは、
水洗い後ダメージを入れ、ストーンウオッシュで縦糸がだんだん切れてダメージが出ています。
加工後のジーンズの裾の縦糸のみを、手作業で切るのは難しく、
横糸が切れたようになり易いです。
裾ダメージ加工については、弊社の感覚で施すようになり、
元とまったく同じように再現出来ません。
ハードなダメージ(ヤブリ)加工は承れません。
上記をご了承頂いた方のみダメージ(ヤブリ)加工を承っております。

◆裾ダメージ(ヤブリ)加工追加料金は、1,000円です。